被害は最小限に|ダニ駆除もハチ駆除も業者に任せよう

知識が必要

蜂

小さいが凶暴

毒を持った虫はいくつかありますが、その中でも、被害に遭う可能性が高いものの中にハチがいます。ハチの中でも、特に危険なのがスズメバチです。スズメバチにも種類がありますが、キイロスズメバチは、都会にも生息している種類です。適応力があるので、空き缶などに残ったジュースなどを餌にすることもあります。キイロスズメバチは、巣を軒下に作ることがあります。巣の大きさは、50cmから60cmと大型になります。キイロスズメバチの大きさは、2cm程度と小さく、名前の通り黄色が目立つハチです。体は小さいですが、性格は凶暴で、巣に近づくだけで襲ってくるともあるため、注意が必要です。駆除するには道具や知識が必要となるので、専門業者へ依頼することが基本です。

注意すること

キイロスズメバチの巣を自分で駆除するのは、春先に女王バチだけで巣を作っているときだけです。ですが、初期の巣は閉鎖空間に作られるため、見つけるのは難しいかもしれません。働きバチの数が増えてくると、引っ越しをします。そのため、ある日突然ハチの巣を発見することがあります。7月から10月は活動が活発なため、山に入るときなどは、キイロスズメバチに襲われないようにするために注意することがあります。黒色などを狙うので、白色の服を着たり、帽子かぶったり、肌を出さないようにします。香水の使用も控えます。自分で駆除を行うときも、このような注意が必要です。ハチの駆除は、巣を取り除くだけでは、近隣に被害が出ることがあるため、個人で行うよりも、専門業者へ依頼することで安心できます。