被害は最小限に|ダニ駆除もハチ駆除も業者に任せよう

駆除するときは

蜂

駆除業者が選ばれる背景

例年、晩秋ごろには、蜂に関するトピックが報道され、蜂の巣退治を特集したTV番組が放送されるのもこの季節です。山登りやハイキング、キャンプに最適な時期ということで、外での活動を楽しむ人が増えるにつれ、ハチの被害も多くなってきます。その原因としては、蜂の巣がそこにあることに気が付かない状態で蜂の巣に接近してしまい、襲われる危険を感じた蜂が慌てて巣を守るために襲ってくることで人に被害が出ているのです。こういった事故を避けるために、通行が予定されている付近に蜂の巣がないかを調べておき、事前に退治しておくしか方法はありません。ハチ退治は目の前の蜂を殺したところで大勢に影響はなく、巣ごと除去することこそが対策になるといえます。

無理はしないこと

一般的に、スズメバチの仲間は個体が大きいため、ハチを見慣れていない人でも、比較的簡単に存在に気が付くものです。しかし、実際に蜂の巣退治をするとなると状況は変わり、ハチからの攻撃を防ぐための用意を行っておくことが必要になります。防護服、厚手の手袋、厚手の長靴などが必要な防具として知られており、強靭な口での噛みつき、鋭い針での突き刺しから、身を守ることが可能です。また、身に付ける防具の色調もクマなどの野生動物を想定させる黒系統は、ハチの防衛本能を挑発することから、白系統で統一することで、少しでも安全に作業ができます。これらを準備することができない場合は、無理に退治を行うことはせず、専門駆除業者に依頼することです。